業務案内

京都市伏見区の『株式会社リペアクラフト』では、橋梁工事をメインにさまざまな構造物に対する補修工事を請け負っております。
みなさまの暮らしに深く関わり、安全をお届けする会社として、スタッフ一同責任をもって施工に取り組んでおります。
弊社が対応している業務について、下記にてご案内します。

断面修復工事

砕く・削るなどの作業でコンクリートの劣化部分を取り除き、断面修復材を使用してコンクリートの表面を復元する工事です。
断面修復工事を開始するにあたり、設計図に従い構造を正確に把握するのは当然のことですが、事前調査を実施することも同じくらい重要です。施工を始める前に外観調査や打音調査を丁寧に行ない、コンクリートの剥離・剥落部分をしっかりと見極めたうえで、迅速に作業に取りかかります。
また、断面修復材の選び方もたいへん重要です。躯体コンクリートよりも強度や耐久性が優れている材料を的確に選び、最大限の効力を発揮するよう施工いたします。

剥落防止工事

高架橋やトンネル内部に使用されているコンクリートの劣化を放置していると、壁や天井の部分からコンクリート片が剥がれ落ちてしまい、最悪の場合重大な人身事故につながる可能性もあります。
弊社は、このような事故の発生を防ぐための剥落防止工事にも対応しております。10年以上の業歴をもつ弊社代表とベテランの現場スタッフが、施工箇所ごとに最も適した工法を選定し、丁寧かつスピーディーに工事を実施いたします。
社会基盤を支える存在として、自然災害の発生や経年劣化などの問題と向き合い、人々が安心して暮らせる街づくりに貢献しております。

橋梁工事

高速道路や鉄道などを支える橋梁の新設工事・補修工事・耐震工事にも携わっております。
鋼鉄部分の腐食やコンクリートのひび割れ、路面の凹凸などの小さなダメージを放置していると、いずれ大規模な補修工事が必要になります。さらに、人身を巻き込む事故が発生してしまう危険もあります。弊社は橋の劣化を進行させないよう劣化部分を確実に補修して寿命を延ばし、事故の発生を未然に防ぎます。
人々の暮らしに密着し、社会に必要不可欠なインフラに携わっている会社として責任をもって施工を行ない、地域の発展をサポートいたします。

各種注入工事

モルタルやコンクリートのひび割れを放置していると、その箇所から雨水が浸入し、全体の耐久性が大きく下がってしまいます。そのような事態を防ぐには、ひびの部分に樹脂を注入して補修を行なう必要があります。
ただ施工を行なうだけでなく仕上がりにもこだわり、ひび割れが発生する前の状態のように美しく施工いたします。
浅いひび割れにも対応可能です。

炭素繊維補強工事

軽量かつ耐食性に優れている炭素繊維シートを、施工用のエポキシ樹脂などを使って既存鉄筋コンクリート構造物の躯体表面に巻きつけ、強化プラスチック化させることで鉄筋量を補う施工です。
せん断・曲げ耐力やひび割れの発生を抑えるなどの効果も期待できます。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

施工実績

採用情報